猫カフェ

「”猫と一緒にいる空間”の提供を主眼とした飲食店」のこと。お店によっては、”猫喫茶”や”猫のいる休憩所”と名乗っている場合もありますが、猫茶では「”猫と一緒にいる空間”の提供を主眼とした飲食店」とみなされるお店は、お店が「猫カフェ」と名乗っているか否かに関わらず、「猫カフェ」と分類させて頂いております。

猫キャスト

猫カフェにいる猫のこと。お店によっては”猫スタッフ”や”猫園児”、”ニャンズ”等と呼ぶ場合もあり、実際今は”猫スタッフ”の方が主流ですが、単に「スタッフ」と言ったときに人間なのか猫なのか紛らわしくなることがあるためと、「空間を演出する者」という意味を込めて、猫茶では「猫キャスト(または、単にキャスト)」と呼んでいます。また、猫茶では、「スタッフ」は人間スタッフを指します。

セパレート型

飲食スペースと、猫と遊ぶスペースが分かれているお店のタイプのこと。

一体型

飲食スペースと、猫と遊ぶスペースが分かれていないお店のタイプのこと。

個室型

漫画喫茶のような個室で、猫と一対一で遊べるお店のタイプのこと。

時間料金

猫カフェにいる時間に対して課せられる料金のこと。お店によっては時間課金システムを採用してないお店もあるが、だいたいのお店が1時間あたり600~1200円くらいの値段設定で時間料金を課している。

猫おやつ

お店で配布されていたり、販売されていたりする、猫キャスト用の食べ物のこと。お店によって、いわゆるカリカリと呼ばれるキャットフードであったり、にぼしであったり、内容は様々である。

カリカリ

スナック菓子のような形のキャットフードのこと。猫がこれを食べていると、カリカリと噛む音が聞こえてくる。

コロコロ

ローラータイプの粘着テープのこと。コロコロと転がして、衣服等についた猫の毛等を簡単にとることができる。
ほとんどの猫カフェではお客さん用に用意してあるので、お客は猫の毛が衣服に付着することを心配せずに遊ぶことができる。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1923437377941353"
data-ad-slot="1715339387"
data-ad-format="auto">


シェアしてみようfacebook 猫カフェ用語解説0twitter 猫カフェ用語解説google 猫カフェ用語解説0email 猫カフェ用語解説